美味しいコーヒーをいれる

まずここでは、一般に使われているメソッドを紹介します。コーヒーをいれる目的は、美味しいコーヒーをのみたいからです。しかし、どんなコーヒーむかによって、ちがいます。ミルクのはいってるカフェラテとか飲みたいときは、濃いコーヒーをいれる必要があります。エクスプレッソにする必要はそのため。では朝と夕食後にのみたくなる、コーヒーをいれることにしましょう。

コーヒーを挽く

お店でせんたくしたコーヒー豆(すでに煎ってある)を挽くグラインダーをつかいます。いま我が家で使っているのは、グラインディングのレベルとカップレベルのふたつコントロールができるものをつかっています。一般に濃いコーヒーを作るときは、グラインディングを細かくできるように調節する。コーヒーを挽くブレードが回転式のものは、豆が平均的に挽けないので、ロータリー式のものをおすすめ。アメリカのスーパーでは、その場で挽くことができるようにグラインダーがコーヒー売り場にあります。コーヒーの味を気にしているお客様がおおい証拠? グラインダーによってそれぞれ設定が違うので、説明書をよんでいただいて、ここではフレンチプレス用に設定をしてください。

コーヒーの水

水道水でもいいのですが、やはり純粋の水に近いものがいいです。ミネラル水でもいいですし、フィルターをとうした水をおすすめいたします。もともとコーヒーを入れていたアフリカやヨーロッパ地域では、水をわかさないと飲めないほど、水の浄水ができていません。日本はそれとくらべるときれいな水ですから、美味しいコーヒーをいれるのにてきしています。コーヒーを入れる温度は沸騰からややさました、90~95度の温度です。

フレンチプレスを使ってコーヒーをいれる

フレンチプレス自体は簡単なものです。ガラスでできた容器と中に入るプレス。

  1. 必要な分量のグラインドされたコーヒーをフレンチプレス容器にいれる。メージャメントは、ティースプーン1パイが1カップのコーヒーをいれる分量。これもコーヒーカップの大きさがまちまちなので、はじめは多めにいれて、コーヒーを飲んでからきめる。
  2. 必要な分、またはフレンチプレスにおおじた分量の水を準備しましたら。お水をわかす。1~2分待った後に、熱い水をフレンチプレスにいれる。
  3. 1~2分待った後に、中に入るプレスを押しコーヒーグラインドをしたに押し寄せる。
  4. コーヒーをカップにいれて、美味しいコーヒーができました。

フレンチ プレス

コーヒーの効能
コーヒーは沢山のアンティオキシデント(抗ガン作用)のほか、新陳代謝向上、アメリカの科学ジャーナルでは、頭の血液の循環をよくするので、アルサイマーになりにくくなることがあげられています。糖尿病(タイプ2)にも効果があると解っています。カフェインの他の有効成分はオイルにふくまれているので、フレンチプレスですと、有効成分を十分にコーヒーからひきだせます。