美味しいコーヒーの選択

1. まずは美味しいハワイのコーヒーの選択

コーヒーを選ぶときに重要なのは、コーヒーのかおりです。コーヒーの味は90%が香りと言われるぐらいに、香りでコーヒーをえらぶ。香りをかぐには袋の前か後ろに開いている、小さな穴。袋を少しスクイーズ、するとコーヒーの美味しい香りがでてきます。スタバにいって、ためしてください。

では、なぜコナコーヒーなのか。深い香りとチョコレートのかおり、しかもそのあとに、きれいな海を思い浮かべることができるスムーズさ。あ〜。これ経験してみてください。

 

2.コーヒーの「Beans 」(豆が挽かれてない)か「 Ground」(豆が挽かれている)選択

これはコーヒーグラインダーをもっていれば、もちろん「Beans 」です。「Beans 」のままですとそのままでも3ヶ月から冷凍庫に入れた場合は6ヶ月ももちます。

「 Ground」の場合でも袋を明けてから1ヶ月の賞味期間はありますので、毎日のむと7oz (198g) 70カップほどできますから、ちょうど2ヶ月ほどでなくなるますね。そうすると一杯がおよそ35円です。最高に美味しいコーヒーがスタバで飲む1/10の価格でのめますね。

 

3. ロースティング:コーヒーの煎り具合 

「Medium」「  Dark 」中 煎りと深煎り。 スタバックスですと「City Roast」とかありますが、アメリカでは美味しいコーヒーを自分で入れるときに、スムーズでフルーティ、少し酸味のあるコーヒーを入れるのが一般的です。

ヨーロッパではこくのあるコーヒー。コーヒーの味をひきだす「  Dark 」深煎りを選択します。エクスプレッソなどその例。日本人の方には、まずは「Medium」中 煎りですね。

コーヒーをよく飲むかた。お砂糖をちょっといれたブラックで飲む方は、 「 Dark 」深煎り。お砂糖をいれることで、コーヒーの味をより引き出でせます。カフェラテ、アイスコーヒーも「 Dark 」深煎り。何を飲みたいかで、「Medium」「  Dark 」中 煎りと深煎りを分ける技は必要かも。