カウコーヒー

カウコーヒー

ハワイ島カウ地域で生産されている世界で絶賛されているコーヒーです。

ハワイ島にはコーヒー生産の可能な気候帯はいくつかあります。カウの地域はハワイ島の南東にあり、コーヒーベルトはマウナロア山(標高4,169メータ)の斜面1,000メータ付近です。カウは朝の日ざしのはいってくる、穏やかな気候帯ですので、アラビカの木もやさしくそだちます。そのおかげで、味は世界最高!その味は世界のバリスタが絶賛。”the taste of chocolate, cherry, and coconut, accented with floral notes of orchid and citrus flowers.” ぜひ一度ご賞味ください。世界賞味大会では、カウコーヒーが銀賞をもらうなど、今世界コーヒーのトップ5にはいるコーヒーです。

 

カウコヒーの歴史

カウの地域はハワイ島の南東でキラウエア火山とマウナロア山のあいだにある小さな町。ここはポリネシア人が広大な太平洋をわたって始めにハワイ島に上陸した地域です。考古学者が遺跡を調べている地域で、1,500年前に上陸したといわれていす。この地域の王族はハワイ島を統一していた王族です。さて、カウのコーヒーがはじまっったのは、1894年 JC Searle氏がカウ地域にコーヒーの木アラビカ種を紹介いたしましたが、このあと世界コーヒー暴落で倒産してしまいました。この後、しばらくの間、コーヒーの生産ができる農園の経営にのりだす人はありませんでした。しかしサトウキビ会社がハワイ島を去るのをけいきに、1996年から日系人、フィリピン系のかたがたがコーヒー農園を開拓していくことになりました。16年の間の汗と涙の結果、数々のカウコーヒーの農園が成功したわけです。コナコーヒーと歴史を比べると短いのですが、コーヒーの味はコナコーヒーに勝るものと世界的にみとめられたのが最近のことです。

 

世界で最も注目あつめてるコーヒー

カウコーヒーもプライム、セレクト、ナンバー1、ファンシー、エクストラ ファンシーと品質の管理はハワイ州農務省でおこなわれいます。農園ごとに品質の差があり、美味しいコーヒーの選択は ハワイ州コーヒー賞味大会で、入賞したものがいいですね。ホワイトハウスで今飲まれているコーヒーはカウコーヒーです。コーヒーの香りはフルーティで、花の香りのするものです。。世界で絶賛されるコーヒー。世界賞味大会では、カウコーヒーは数々の賞を獲得。ハワイ州コーヒー賞味大会ではゴールド/シルバーを独占。紹介していますJN Estate Coffeeは、ハワイ州コーヒー賞味大会でシルバー、ホワイトハウスで飲まれているコーヒーです。

 

カウコーヒーをお買い上げはこちらから。